子育てとは

一般的に、「育児」というのは、乳幼児を育てるという意味合いが強いですが、子育てというのは年齢に関係なく、子どもの養育全般のことを指しています。つまり、育児とは、赤ちゃん~幼児の頃までの子育ての意味が強いです。しかし、最近では子どもが社会的に独り立ちする年齢が遅くなる傾向があり、中学校や高校の年齢でも育児と呼ぶこともあります。子育てにマニュアルはありません。しかし、子育てにおいて、愛情はなくてはならない条件です。
愛情が欠いている環境では、子どもは健全に育たないということは研究でも明らかになっています。愛情表現の仕方は様々ですが、養育される子どもと養育する大人との間に、愛情があり、その愛情が通じていることが大事です。これは非常に難しいのですが、見返りを求めず、無条件に大切だという愛情が養育する大人にあり、それが子どもに伝わっていることが大事です。このように、一般的な子育て論をお話しましたが、これからは子育てをしていく上での環境について考えます。海外で子育てを経験したお母さんたちがよく話すことに、「日本よりも海外で子育てをするのはとても楽だ」ということがあります。
そういう言葉がでてくるのはなぜでしょうか。日本と海外の子育ての違いはどんなことがあるのでしょうか。また、子育てだけでなく、妊娠をしているときのこと、そして夫婦間のことや男性の育児参加や出産後の女性のことについても、海外とではどのような違いがあるのか考えていきます。

~管理人注目サイト~
子育ての悩み相談が出来る子供を持つママ達の為の子育て支援サイトです → 子育て支援サイト

img01

ベビーカー論争

img02

これから、日本と海外の子育ての違いを説明します。少子化で将来が懸念されている日本では、子育てがしにくい国だと思っている人が多いと言われています。海外にいるママたちは、海外は子連れに優しい社会だと感じるようです。特に、海外では妊婦・・・

ワーキングマザー

img03

次に、妊婦のときのこととワーキングマザーについて、日本とアメリカの違いを説明します。産婦人科では、妊婦健診にいくと、食事指導が行われます。この食事指導ですが、アメリカではどこの産婦人科でも、「コーヒーやアルコールは飲んではいけません(カフェイン・・・

男性の育児休暇

img04

子育てにおいて、夫婦間の協力は心強いものです。そこで夫婦間のことについても触れていきましょう。夫婦間は子どもができた後、夫は父になり、妻は母になるというのは当然ですが、日本ではお互いの呼び方が「お父さん、パパ」「お母さん、ママ」などというよ・・・

Copyright©2014 日本と海外の子育て All Rights Reserved.